糖尿病も改善すると話題のブレンドハーブティー見つけました。はつらつ堂から通信販売されている八酵麗茶です。

スポンサーリンク




血糖値スパイクをご存知ですか?
空腹時血糖は正常値なのに、食後の血糖値が異常に高い状態のことを言うそうです。

血糖値が異常に高いと言えば、糖尿病だけを心配しがちですが、脳卒中、心筋梗塞、突然死や認知症やガンのリスクを高める事に関係しているそうです。

一番のリスクは血管を傷つける事で、脳卒中や心筋梗塞が増大するのに、健康診断では空腹時の血糖を調べるので、異常なしと診断されるかも...

急上昇した血糖値を下げるため、血糖を消費させる事で認知症の危険もあるらしいです。インスリンを大量分泌によってガン細胞が増殖される危険性もあるとか。

八酵麗茶には、糖尿病も改善する8つのハーブ、ギムネバ、桑の葉、グァバ葉、ヤーコン葉、柿の葉、クマザサなどをテンペ菌で発酵させているそうです。

ギムネバ、桑の葉、グァバには食事で摂った糖分の吸収をブロックし、なおかつ血糖になるのを防ぐ作用があるそうです。

ヤーコン、バナバにはインスリンに替わって、
体内で糖質を効率よく消費させる作用があるそうです。

さらにクコ葉、柿の葉、クマザサには長年の高血糖で痛んだ血管を強化し、血流をスムーズにする作用があるそうです。

八酵麗茶は、水にもよく溶ける粉末ハーブティーで1包ずつアルミスティックに入ってるので、持ち運びできていいし、食事制限なしで、血糖値上昇を抑えることができれば魅力的ですね。