今、不眠で悩める更年期世代に話題の成分「大麦発酵酵素」。大麦を黒麹で発酵させた酵素だそうです。代謝機能に働きかける成分で、特にセロトニンに働きかけ自律神経を整える働きがあるのだとか。

スポンサーリンク



セロトニンが活性化すると、本来のリズムを取り戻し、夜はぐすっり、朝はすっきり目覚められることが出来るそうです。特に、更年期世代の女性は自律神経が乱れやすく、不眠の方が多いんです。しかも期間が長いんです。

自然に眠りを促してくれる大麦発酵酵素サプリ光風霽月は、睡眠導入剤のように急激な睡眠に襲われることもないようです。

睡眠薬は怖いですよね。副作用に襲われます。私の母は、くも膜下出血の影響で不眠症になっていました。病院で処方された薬を飲んだ次の日は、ふらふらして一日中眠いと言っていました。出来れば飲みたくないですね。

大麦発酵酵素サプリ光風霽月は、3日で効果を実感されている方もいるとか。長年苦しめられた不眠から脱出し、ぐっすり眠れた、すがすがしい朝を迎えられたと評判です。

セロトニンを増やしたいと工夫をされている方も多いと思います。歩くといい、規則正しい生活をし食事に気を付けるなど・・・でも、不眠に陥ってしまうと、歩くことなんてできません。次の日ぐったりですから。

セロトニン研究の第一人者の有田秀穂先生の公式サイトで、セロトニンを増やす食べ物が紹介されています。トリプトファン、炭水化物、ビタミンB6の3つの栄養成分が必要だそうです。

<トリプトファンを含む食材>
・大豆製品(豆腐、納豆、味噌、醤油、枝豆、豆乳、きなこなど)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・鶏卵
・魚卵(タラコ、スジコ、明太子など)
・ゴマ、ナッツ
・カツオ節
・アボカド
・バナナ

<炭水化物を含む食材>
・穀類(ご飯、麺類、パンなど)
・いも類
・果物

<ビタミンB6を多く含む食材>
・魚類(サケ、サンマ、イワシ、マグロ、カツオ、サバなど)
・バナナ
・にんにく、しょうが
・未精製の穀類(玄米、胚芽パンなど)
・豆類(大豆、ヒヨコ豆、レンズ豆など)

私も、普段から積極的に取ってみたい食べ物です。コレステロールが高い方や、血糖値が高い私のような方は、チーズ、魚卵、マグロの食べ過ぎは注意ですね。

バナナがいいんですね。以前テレビでバナナが取れる南国では、脳内出血をすることがほとんどいない!と放送されていました。

おやつにバナナ!決まりですね。

病院に行こうか悩んでいるなら、まずはサプリで試してみて、少し元気が出たら、体質改善に励むというのも手ですね。市販の強い薬を飲む前に大麦発酵酵素サプリ光風霽月を試す価値はあるかもしれませんよ。